第1回東海まつり開催

第1回東海まつり開催
東海まつりは、昭和54年に新旧住民の交流を目的としてスタートしました。

第1回東海まつり

出典:広報とうかい 262号(S54/9/20発行)

それから30余年、村外から東海村に移り住んだ皆さまの家庭にも新しい世代が生まれ、そして育ち、今では「かけがえのないふるさと」となっています。
また、仕事などで来村した皆さまにとっては「思い出のふるさと」といえるかもしれません。

私たちの暮らす東海村は、今では県内でも数少ない「村」ですが、「人と自然と科学」が融和したとても大切な「心のふるさと」です。

これからも共通の思い出をたくさん積み重ね、もっと地域に愛着を持ってほしい。そしてもっともっと元気な村にしていきたい。

そんな『想』を込めて、東海まつりは開催されています。


開催日:昭和54年8月18日、19日)
場 所:東海南中(昭和53年開校)

やぐらを立て、民謡踊りでスタートしました。

網のし、北海道盆唄、常盤炭鉱、三浜音頭等
(東海音頭制作に着手。森菊蔵先生補作都はるみ唄 昭和57年後完成)

パレード
白方小、舟石川幼稚園に集合し、同時にスタートして東海中グラウンドにて合流しました。


1979g 1979a 1979b 1979c 1979d 1979h 1979e 1979f